建設業許可の財産的要件の証明方法

建設業許可を取得するためには、経営業務管理責任者や専任技術者という「人」の要件をクリアするほか、財産的要件という「お金」の要件も合わせてクリアする必要があります。 財産的要件については、同業者さんとの会話などで話題にあが…

続きを読む

建設業許可の専任技術者とは

建設業許可をこれから取得する場合、そして取得した建設業許可を維持する場合、人の要件として「経営業務の管理責任者」と合わせて設置を求められるのが「専任技術者」です。 専任技術者は、許可業種に応じた資格や経験を有する人を、全…

続きを読む

経営業務の管理責任者とは

建設業許可をこれから取得しようとするときは、様々な許可の要件を満たしていることを証明する必要があります。許可要件は大きく「人の要件」と「物(金)の要件」に分かれますが、経営業務の管理責任者は「人の要件」で最初に確認しなけ…

続きを読む

業種の追加と許可の一本化

たとえば内装工事業の建設業許可を取得した会社で、あらたに管工事の許可も取得して500万円以上の請負契約を締結できるようにしようというケースでは、内装工事業の建設業許可に加えて、管工事業の建設業許可を取得する手続きを進める…

続きを読む

建設業の営業所と建設業許可上の注意点

建設業法での「営業所」というのは、「常時建設工事の請負契約を締結する事務所」のことをいいます。 「営業所」という名称を付けているから営業所として扱われるわけではありませんので、逆にいえば「事務所」「オフィス」といった名称…

続きを読む

建設業許可と一緒に取得することの多い許可は?

1件につき500万円以上の工事を請け負う場合(建築一式の場合は原則、1,500万円以上)、予め管轄の行政庁より建設業許可を受けておかなければなりません。 建設業者様においては、建設業許可の必要な「建設業」のみに留まらず、…

続きを読む

建設業許可の種類【どの許可を取得すればいい?】

1件の工事請負代金が500万円以上となる場合(建築一式の場合等は1,500万円以上の場合)、その工事を請け負う前に管轄の行政庁から建設業許可を取得しておく必要があります。 この建設業許可ですが、いくつかの種類に区分されて…

続きを読む

建設業許可はどんなときに必要なの?

まだ建設業許可を取得せずに建設業を営んでいる方にとっては、 どんなとき建設業許可を取らなければならない? ウチの会社も許可が必要? というのは、日々気になっている問題ではないでしょうか。 建設業は、不動産業などと違って「…

続きを読む

一人親方が従業員を雇ったときの手続き

一人親方として建設業を営んでいる方は、一人親方の労災保険に加入することができます。この一人親方労災保険の対象者は、個人事業主の建設業者さんと、法人(会社)形態で代表者一人で建設業に従事する方です。 個人事業として、または…

続きを読む

建設業許可の決算変更届(決算報告)とは

建設業許可を受けると、それまで請け負うことができなかった500万円以上の工事(建築一式の場合1,500万円以上の工事)を受注できるようになります。一方で、建設業許可業者として、それまでは負うことのなかったいくつかの義務が…

続きを読む

東京、千葉、埼玉、神奈川にて営業許可や会社設立に関する業務のご依頼を検討中の方に、初回無料にてご相談を承っております。お電話・メールにてお問い合わせください。

東京、千葉、埼玉、神奈川にて営業許可や会社設立に関する業務のご依頼を検討中の方は、メールでのご相談も承っております。返信には2営業日ほどお時間をいただくことがありますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

    お名前 (必須)

    お電話番号 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    ページトップへ戻る