古物商許可の取扱品目はいくつでもいい?

ユーズド品、リサイクル品を売買するために必要になるのが、古物商許可です。古物商許可申請は、営業所の所在地(営業所を設置しようとする場所)を管轄する警察署が窓口になります。

ところで、この古物商許可申請ですが、取り扱う古物の品目によって、現在は13種類に分かれています。たとえば、ゲームソフトなら「道具商」、コピー機なら「事務機器商(事務機器類商)」といった具合です。

13品目すべての許可を取得できるか

申請書の13品目の欄は、該当するところに丸を付けるだけなので、「どうせなら多く取っておこうかな?」と思われる方も多いと思いようです。

では、何個までなら一度に申請することができるのでしょう。結論から言ってしまうと、「全部」です。13品目すべてに丸を付けて申請すれば、そしてもちろん審査が問題なく完了すればですが、13品目すべての古物商許可が下ります。

多品目の申請をするデメリット

取り扱うからこその許可

じゃあ全部取っておくのが後々便利だからと、多く丸をしておくのがオススメかといいますと、そんなことはありません。まず、古物商はあくまで許可制ですから、その商品を実際に扱う予定がある人に許可がなされるものです。

経験や知識、設備を問われることになる

また、それぞれの古物について、真贋を見抜く目や経験を問われたり、その品目を扱うためには通常必要となるであろう設備が用意されているのか、設備面での準備を問われるなど、警察署での確認事項が多く、細かくなります(この部分は、都道府県や警察署によってかなり異なります)。つまり、申請手続き自体の難易度が上がることに繋がりかねません。

古物商許可の取得後の問題

さらに、古物商許可が13品目すべてで下りた後でも、盗難品が出回ったとの情報があれば、その対応や調査に応じなければならなくなることがあります。

道具商の許可しか取得していなければ、自動車商が取り扱う物品に盗難品の恐れがあったとしても、通常は関係がないので対応や調査の対象となりませんが、ついでに自動車商の許可を取得してしまっていると(実際には、自動車商を「ついで」に取得するのは難しいですが)余計な手間暇がかかってしまうことになりかねません。

品目追加は必要が生じてから

品目はあとから追加することもできますし、追加の申請は比較的簡単です。上記のデメリットを考慮に入れると、許可申請をする段階では「これも扱いそうだから」ではなく「これは必ず扱うことになるから」という品目だけを申請しておくほうが、スムーズな営業に繋がるのではないでしょうか。

古物商許可の申請代行

古物商許可の申請代行は、行政書士法人シグマにてサービスを提供中です。
下のバナーをクリックすると、専門サイトに移動します。

ページトップへ戻る