建設会社の設立(建設業者様の法人化)

これまで個人事業として経営してきた建設業を、許可の取得と合わせて法人化(会社設立)することをご予定の業者様には、手続きの同時進行で許可取得までの期間短縮にも繋がる「建設業許可+会社設立」をパック料金でご用意しております。

建設会社の設立と建設業許可を同時進行

建設業許可の申請は、経営経験者や技術者の経験証明などの人的要件から、営業所や財政的基盤などの物的要件まで、許可要件が複雑な手続きです。

当サービスをご利用いただく場合、先に建設業許可の各要件をしっかり行政庁に確認し、その後に会社設立手続きから建設業許可申請手続きを同時進行させることによって、「会社は作ったものの、許可が取れなかった!」という事態や「会社の作り方がマズくて、許可申請の時点で余計な手間や費用が追加でかかってしまった」というような、困った事態を回避することが可能です。

建設会社設立パックの料金

会社設立と建設業許可に関する当事務所の料金は、以下のとおりです。株式会社を設立するか、合同会社を設立するかによって料金が異なるため、以後、それぞれを分けて表記しています。

株式会社の設立と建設業許可 250,000円 230,000円(税抜)
合同会社の設立と建設業許可 230,000円 210,000円(税抜)

 設立から許可取得までの諸費用合計

上記の代行料金の他、建設会社を設立して建設業許可を取得するまでには、法定手数料や税金などがかかります。この手数料と代行料金を合算した、建設会社として許可証を受けるまでに必要な額は以下のようになります。

株式会社 合同会社
サービス料金 230,000円(税抜) 210,000円(税抜)
定款認証手数料 52,000円 なし
印紙代※ 0円(電子定款で作成) 0円(電子定款で作成)
登録免許税 150,000円 60,000円
法定手数料(行政庁納付) 90,000円 90,000円
合計 522,000円(税抜) 360,000円(税抜)

※合計額の他に、会社の実印作成費用(通常は1万円程度)が別途かかります。
※料金には、設立登記に関する司法書士報酬が含まれます。

建設会社設立+建設業許可パックの内容

当サービスには、会社設立から建設業許可取得までに必要となる、以下の手続きの代行・サポートが含まれています。

  • 会社の設立と建設業許可に関するご相談(出張相談可)
  • 会社の類似商号などの調査
  • 会社の定款の作成
  • 公証役場での定款認証手続きの代行
  • 設立に必要な書類の作成
  • 設立登記の申請(司法書士が担当)
  • 建設業許可申請に必要な書類の収集と作成
  • 行政窓口への許可申請書提出の代行

その他にお客さまにご用意いただくもの

会社の設立に際して、個人の印鑑証明書を2通ご用意いただきます。また建設業許可につきましては、経営経験や技術者としての資格を証明する資料などをご準備いただくことになりますが、状況によって様々異なるためご相談の際にご案内いたします。

初回のご相談について

初回のご相談時には、下記の書類をご用意いただけると助かります。

  • 運転免許証等のご本人さま確認書類
  • 発起人となる方(会社を設立される方)の個人の印鑑証明書2通
    ※印鑑証明書は直前に取得したものが必要です

建設業許可の申請代行

建設業許可の申請代行は、行政書士法人シグマにてサービスを提供中です。
下のバナーをクリックすると、専門サイトに移動します。

ページトップへ戻る