建設業許可の申請(大臣の許可)

新規に大臣の建設業許可の申請をご予定の業者様、または既に受けている知事の建設業許可を大臣の建設業許可へ切り換えることをご希望の業者様に対して、各種書類の収集・作成と行政庁への提出代行を行わせていただくサービスです。

※大臣許可は、複数の都道府県に渡って営業所を設置する場合に必要となる許可です。知事許可につきましては、建設業許可の新規申請(知事)のページをご参照ください。

大臣の建設業許可のサポート

大臣の建設業許可を受けるため、要件の確認を含む事前相談から役員様等の必要書類の収集、申請書の作成、行政庁への提出代行まで、申請手続き全般をサポートいたします。

建設業許可に関する事前相談
必要書類(添付書類)の収集
許可申請書の作成
申請書類の提出代行

ご利用料金

大臣の建設業許可を新規に申請する場合、または知事の建設業許可を大臣の許可に切り換える(免許換え)手続きを代行させていただく料金は、概ね以下のとおりです。

一般建設業許可 200,000円~(税抜)
特定建設業許可 250,000円~(税抜)

※大臣許可の場合、役員様の人数や営業所の数など、法人の規模や状況等が各会社様でかなり異なります。そのため、初回相談の後、具体的な額をお見積いたします。

法定手数料

大臣の建設業許可を受けるためには、上記の代行料金の他、法定の費用(登録免許税)がかかります。これはご自身にて申請手続きを行う際にも必要となるものです。

法定費用(登録免許税) 150,000円(税抜)

業務ご依頼の際にご用意いただく金額

建設業許可(大臣)の申請代行サービスをご利用いただく場合、上記のサービス料金と法定手数料の合計が、事前にお振込いただく金額となります。書類収集時の実費等につきましては、申請完了時点で別途ご請求させていただきます。

例:一般建設業の大臣許可

200,000円(当事務所の料金)+150,000円(法定手数料)=350,000円(税抜)

建設業許可の申請サポートの流れ

代行サービスをご利用いただきますと、大臣許可の申請手続きは以下のように進みます。大臣許可の審査期間は約4ヶ月程度と長期にわたりますので、申請までの準備や書類作成をいかにスムーズにするかが、許可取得までの期間短縮で重要になります。

大臣許可の申請(許可換え手続き)の実績

当事務所は、知事許可から大臣許可への許可換え手続きや、上場企業様の大臣許可の管理、各種変更届や決算報告の作成・提出など、様々な建設業許可手続きの実績がございます。

知事許可から大臣許可への許可換え手続きにつきお困りの建設業者様は、ぜひ一度当事務所までご相談ください。

建設業許可の申請代行

建設業許可の申請代行は、行政書士法人シグマにてサービスを提供中です。
下のバナーをクリックすると、専門サイトに移動します。

ページトップへ戻る