古物商許可の申請(個人)

個人の古物商許可申請をサポート

古物商許可申請(個人)サポートは、ご相談から始まり、申請に必要となる書類の収集や、警察署担当者との事前の相談・打合せ、申請書の作成、許可申請書一式の提出代行まで、古物商の許可申請手続き全般をサポートさせていただくサービスです。

必要な諸費用や期間などをご説明いたしますが、よくわからない箇所がある場合にはお電話にてお気軽にお問合わせください。

サービスの料金

基本料金 40,000円(税別)

1名さま分の書類収集費用を含めた金額ですので、他に書類取得費用や交通費等は必要ありません(下記をご参照ください)。

書類の収集に必要となる諸費用

申請書の提出時に、住民票や身分証明書(という名称の書類)、登記されていないことの証明書などを添付する必要があります。これらの書類を取得する際には、各書類の手数料や郵送料、交通費など諸費用が生じます。上記諸費用はサービス料金に含まれていますので、別途お支払いいただく必要はございません。

書類収集が複数名に及ぶとき

1名様追加ごと 4,000円

例えば、許可の申請者は店舗のオーナーであるものの、営業所の管理者は従業員が行なうという場合など、添付する必要書類の収集が複数名に及ぶときは、1名さまの追加につき5,250円にて取得の代行を承っております(こちらも諸費用込みの料金です)。

古物商許可申請時の手数料

手数料 19,000円

代行サービス料金の他に、警察署に支払う手数料として上記の金額が必要となります。

全部でいくら必要になるの?

ご利用料金+法定手数料 40,000円+19,000円=59,000円(税抜)

当代行料金35,700円に、警察署へ支払う手数料19,000円を加算した額である、58,900円が許可証取得までに必要となる金額です。古物商許可証取得までに、この金額の他に費用は通常発生いたしません。

古物商許可証発行までの期間

期間の目安 30日から60日

書類の収集や作成を含め、申請書の提出までに約1週間から10日ほど、申請後の警察署・公安委員会の審査等に3週間から6週間ほどかかるのが通常となっております。

代行サービスの内容

  • 事前のご相談
  • 申請に添付する各種書類の収集代行
  • 古物商許可申請書の作成
  • 警察署への提出代行(場合によっては同伴)

初回ご相談時にご用意いただくもの

初回のご相談時には、下記の書類をご用意ください。

  • 運転免許証等のご本人さま確認書類
  • 営業所とする場所が賃貸の場合は、その賃貸借契約書

古物商許可の申請代行

古物商許可の申請代行は、行政書士法人シグマにてサービスを提供中です。
下のバナーをクリックすると、専門サイトに移動します。

ページトップへ戻る