ご依頼の流れ

ここでは、不動産業開業に伴う宅建業免許の申請を例に、ご依頼いただく際の流れをご案内いたします。

※現在、ウェブサイトからの新規受付は停止させて頂いております。

宅建業免許の受領までの流れ

一般的な流れのご説明となりますので、より具体的な流れやご不明点は、お電話または初回のご相談の際にお伝えいたします。

1.お電話またはメールでのお問合わせ

お電話またはメール、ご都合のよろしい方法でご連絡ください。簡単なヒアリングの後、直接にご相談をさせていただく日時を打ち合わせいたします。
次へ

2.業務に関するご相談

宅建業免許や不動産会社設立について、お客さまのお考え・ご希望をお伺いいたします。あわせて、業務の内容や料金につきましても、詳しくご説明いたします。
次へ

3.料金のお振込

各業務の料金は、原則前払いとさせていただいております。ご依頼の際は、当事務所指定の口座まで、必要な料金のお振込みをお願いいたします。
次へ

4.書類収集や申請書などの作成

各役所や法務局、税務署などで、必要書類の収集を行ないます。収集した証明書類をもとに、申請書などの書類を作成します。(不動産会社設立手続きの場合は、お客様に個人の印鑑証明書のご取得をお願いしております)
次へ

5.書類のご確認と押印

申請書等が出来上がりしだい、お客さまに書面をご確認いただき、必要箇所に実印(または認め印)で押印していただきます。事務所の写真撮影をご希望の場合は、お客さまの事務所・営業所にお伺いして行政庁提出用の写真を撮影いたします。
次へ

6.行政庁への申請

押印いただいた申請書類を、管轄の行政庁に提出いたします。書類提出後に補正を求められた場合には、修正した書類を作成して追加提出、補正対応いたします。(または追加の添付資料を収集いたします)
次へ

7.不動産業協会の入会届

全宅、全日への入会をご希望の方には、入会に必要な書類の作成を行い、窓口へ提出いたします。(実際には、宅建業免許の書類と同時進行で作成し、免許申請後に速やかに提出いたします)
次へ

8.行政庁・業協会の審査期間

行政庁への免許申請や業協会への入会届が完了すると、審査期間となります。業協会からの現地確認などを進め、行政庁からの免許通知を待ちます。
次へ
宅建業免許の受領
営業の開始

宅建業免許証受領までにかかる日数

新規の事業立ち上げで都道府県知事の宅建業免許を申請する場合は、保証協会利用の場合で約2ヶ月程度、供託の場合で約1ヶ月程度です。

国土交通大臣の免許は、審査期間が概ね2ヶ月から4ヶ月程度かかるため、全体では3ヶ月から6ヶ月程度の期間を要するケースが多いです。

ページトップへ戻る